ローカル線放浪記&模型

主にローカル線とNゲージを紹介。 他、身近にあったこともついでに。

今年も開催!カメラの祭典CP+2024に参加してきました

昨日から日曜までみなとみらいのパシフィコ横浜で開催されているカメラの祭典CP+。

今年も会場に行ってきました。

まずその前に、もうすでにお昼。ということで何か食べておこう!そうそう東急の多摩川の駅に「しぶそば」が新しくオープンしていました。

ここは以前梅本というそば屋があった場所になります、でも居抜きというわけではなく、厨房の場所も以前は写真の左側にあったのですが、右側に変わっていました。

本来であればおなかが満たされやすい天ぷらそばを頂きたいところですが、しぶそばは普通のかき揚げそばというのが無く、毎月の月替わりのかき揚げになります。先月は紅ショウガ天でしたが、今月はクワイ天になります。普通の野菜のかき揚げが食べたい・・・箱そばだとその辺がいろいろ選べたりするんですけどね。

なのでたぬきそばにしてしまいました。

昼食を終えてホームに上がると恒例の遅延・・・電光掲示板から時間が消えていまして。

昼間には無いはずの各停武蔵小杉行きが。ちなみにこの各停の前は特急でしたので特急と急行の間に各停の横浜方面の電車が無いことになります。

急行に乗って横浜に向かいました、ガラガラでしたが、武蔵小杉で先行の武蔵小杉止まりの各停からの乗り換え客がドッと乗って来まして混雑した状態になりました。

それにしてもこれだけたくさんの乗り入れをしていると、どこかでクシャミをするとその先では風邪を引いてしまうくらいダイヤが乱れてしまいまして、直通って本当に便利なんだろうか?と疑問に感じることもあります。

さて、横浜から先、パシフィコ横浜に行くには。CP+の案内にはみなとみらい駅から歩くよう記載があるのみです。他にはJRの桜木町から歩くという選択肢もあります。しかしながら冷たい雨が降っている状態では、傘を差すと濡れた傘が会場で邪魔になるので、出来れば傘を使いたくない。と言うことで横浜駅の東口から山下埠頭行きのベイサイドブルーというバス路線を使うことにしました。

この路線は30分間隔で運行されており運賃は220円でみなとみらい線よりも27円高いですが、その分歩く距離も短いです。駅からだと電車を降りてからだと10分弱かかりますが、バスを降りてからだと2分くらいで会場に入れます。

初めて見ましたが、ベイサイドブルーって連節バスでした。カッコいい。

どうやら後ろ側の車両が人気のようですね。ただしね、バスが大きすぎて機動力が全然無いです一個先の高島町のバス停までで10分もかかってしまいました。その先もぐるっと回るところが2カ所あって3つ先のパシフィコ横浜まで20分。正直電車で行った方が全然早いですよ。

雨がそこそこ降っていて寒くて、外観の写真はあまり撮れず。

ホールの建物に入って、CP+と判るような看板を撮っておきました。

会場に入る前、受付のところに映像用品のカタログが置いてあったので早速ゲット。

ここに来る目的はこのカタログを手に入れるためと言っても過言では無い。

さて今回は会場発表の新製品はほとんど無く(最近の鉄道模型のショーでも似た傾向)、これによって混雑しないようにしているのかなとも感じたりします。相変わらずコンパニオンを撮る人がいたり、どうだ!とばかりの大口径の白レンズを首から自慢げにぶら下げているひとがいっぱいいたりして、その姿を見るのが結構面白かったりする。

会場内にペーパージオラマがあったので思わず撮っておきました。

東京駅だそうです。

反対側にもう一つジオラマがありまして、こちらは新宿駅になります。奥の真ん中辺に都庁があります。意外と駅の周りに大きなビルが少なく、これからまさに再開発されるところです。

タムロンのブースには車が置かれていました。車種は詳しくないので察してください。

せっかくのカメラショーなのに一眼は持っていかず、コンデジで撮影しましたが、それでもこんな写真も撮れましたよ。

1時間ちょっと会場を見て、まあ超望遠を体験するコーナーがあちこちにあったのですが、人が多すぎて体験は諦めました。ヨドバシカメラに置いてあったりするので良いでしょう。

帰りもバスに乗って横浜に行くことにしましたが、う~ん、全然来ない・・・その間に高速バスが。成田空港行きの京成バスや

京急のバスがやってきました。いずれもインターコンチネンタルホテルの駐車場に入っていきました。

10分ほど遅れてやっときました。往路に乗ったやつにもあったのか?気がつきませんでしたが、ガンダムのラッピングが施されていました。

寒くて体が冷えてしまったので、このまま帰宅しました。東急が遅延していたのですが、相鉄は特段平常運転でした。雪になってもおかしくない寒さでしたが、地元についても雨でした。

カメラもそろそろ一眼レフからミラーレス一眼に変えても良いかなとも思うのですが、価格が高くなりすぎてなかなか手を出しにくい価格になってしまって・・・とりあえず壊れるまで今のカメラを使おうかなと思っています。

 

 

長野電鉄 信州中野駅ジオラマ作製、雨の今日もボチボチです

朝から冷たい雨が降っています。これでも雪にはならないのですね。

雪が降ると車が出せないので、もう雪はいいです

雨と言うこともあって引きこもってジオラマ作りを進めました。

今日はホーム関係と神社・工務所辺りを少し進めました。

まずは工務留置線辺り。この写真の辺りを少し作ります。

先日買った津川の架線柱はグレーのものは売り切れていたのでブラウンを買ったのですが、これを一部グレーに塗装しました。

これを留置線部分に使用(右端)。それと線路にバラストを散布しました。乾いたところを掃除機で吸ったら接着剤が回っていなかったところは剥げてしまいました。

次にホームの湯田中寄りの架線柱を作りました。こういう中間に柱のある架線柱は既製品にはないので、既製品を現物合わせしたものと接着剤で貼り合わせました。実物と同じように架線柱に信号機を取り付けています。

神社回りはバラストが乾いたので敷石などを設置するところまで進んでいます。このあと砂利や砂を蒔こうと思っています。

よく見ると車両が違うのは突っ込み無しで。

神社回りの実物はこのような感じです。

ホームに取り付ける屋根を作っています。これが結構複雑な形になっていて現物合わせに苦労しました。今日は雨なので塗装は後日、塗装が終わったら看板などを貼る行程に入ります。

ホームに点字ブロックを貼りました。また待合室を固定しています。跨線橋はまだ現物合わせように仮置きしている状態です。バラストなどを蒔いて、ホームが完成してから接着する予定です。

たったこれだけで1日かかってしまいました。なかなか進まないです。

今日はここまでとなります。そうそう、来週の水曜日はTVKで鉄道ひとり旅「長野電鉄編」が放送されますので、見られる方は是非ご覧下さい。

次回の休みは出かける予定なのでこの続きはもう少し先になると思います。それでは。

 

ヨドバシカメラで未受領だったジオコレ製品を受け取る

以前のそうにゃんトレインの話題でちょっと触れていた、1品入荷が遅れて変えていなかった商品が本日無事入手できました。買ったのは今更感のある、ジオコレのウィングバンAセットです。発売から時間が経っていたので割引率が高くなってお得に買うことが出来ました。

早速箱から出して並べてみました。フォークリフトに運転士を乗せるのは狭くて大変でした。

雰囲気を出すために、ジオラマにトラック荷受け所を置いて撮っておきました。

中野駅の南側の製作はだいぶ先になりそうなので・・・仮置きで。

そして本日は鉄道模型誌「N」の発売日。ヨドバシカメラ横浜店に寄ったので、帰りに前にある有隣堂で買って帰りの電車で見ながら帰ろうと思ったら・・・

何とジョイナス高島屋全館休業となっていて、テナントの有隣堂も休業してしました。無念。

仕方が無いので、駅前の鈴一で昼食に天ぷらそばを食べ、そのまま電車に乗って帰宅の途に。地元の駅に着いて駅ビルの4階の本屋に行ったのですが、今度は自分の持っている電子マネーが使えず、ここもダメ、3店目に駅前の本屋に行ったのですが、ここは電子マネーも使えるのですが、前のおばちゃん、大量に本を買っていて、しかもセルフレジになっていて本が上手くスキャンできなくてすご~く時間がかかってしまって、待つのもアホらしいので本は戻して店をあとに。

一旦帰宅してイオンに出かけまして、無事本はゲットできたのですが、実はイオンも今日はお客様感謝デーで駐車場が大混雑。もう本1冊でグダグダな1日になってしまいました。

自宅に配達してもらえば良いじゃんって思うかもしれませんが、やっぱり本当は帰宅途中の本屋でゲットして電車の中でニヤつきながら見るのが楽しいのですよ。家に帰って来ちゃうとすぐに見なかったりするので・・・

このNは創刊号からずっと買っているので、もはやルーティーンのようになっています。今号はエヌ・オブ・ザ・イヤー2023の投票もあるのでアンケートを早速出さないとね。もちろん私にとっての2023年の逸品はKATOのEF55なのでEF55に1票を投じますよ。

 

ポポンデッタの東急5200系祭りに乗り遅れる

私は自身のプロフィールとして好きな車両の上位に上げている東急の旧5200系・湯たんぽ。

以前から模型が出たら絶対に欲しいと思っていた車両。

私の年齢からしても東急時代に現役で走っている姿を見たことが無い幻の車両といってもいい。まぁ1編成しか無かったですしね。

実物で見たのは上田電鉄の車庫の奥に倉庫として置かれていた状態を見たのが初めて。その後、まるまど祭りで5200系を間近で見られたときは感激してしまいました。

懐かしい5200系と1000系と7200系の並び。

で、2年前にポポンデッタで発売予定となったときに予約しておくという選択肢もあったのですが、価格や走らせないで飾るだけだから動力はいらない、鉄コレで出てくるんじゃ無いか?何て思っていたら、結局入手できませんでした。

片割れはもはや容易に見ることが出来ない総合車両製作所の中に完全復活させた状態で保存されています。

上田電鉄に残った5251号の方は下回りが台車以外ありませんで、スカスカ状態なんです。

それでもこうやって写真を振り返って見たり、他の方が書いているポポンデッタの東急5200系の写真を見るとやっぱりかっこいいな、欲しいなとも思うのですが、やっぱり鉄コレで期待するのは無理ですかね?

とりあえず予算が無いので上田電鉄仕様の2両セットなら買えるかも。出して欲しいな・・・でも2両セットだと価格も低くなるので儲からないからやらないかな?

上田電鉄は鉄コレで7200系と旧型車両、グリーンマックスで1000系、マイクロエースで5000系がバラバラに出ています。5200系が出ないとコンプリートできないわけです。

やっぱり並べて飾りたい。

まるまど祭りに行くと行き先表示をいろいろ変えてくれて楽しめます。

東横線時代の行き先だけで無く池上線・目蒲線大井町線とやってくれるのですが、やっぱりレアなつきみ野すずかけ台の表示を出してくれるのが良かったです。

昨年久しぶりに行われたまるまど祭りでは5200系の展示がありませんでした。

今年はその姿を見ることが出来るでしょうか?そして未だ鉄コレで出してくれるのを待ちつつこの辺で締めたいと思います。

横浜で買い物した帰りに久しぶりにそうにゃんトレインに乗れました

ヨドバシドットコムで注文した商品をいつも自宅送りではなく店舗受け取りにしています。一昨日購入した商品を取りに行き、帰り横浜駅で電車を待っていたらやってきたのがそうにゃんトレインでした。前面はホームドアと建物内の暗さに阻まれて撮れませんでした。

特急の海老名行きになります。1本前の快速海老名行きにも乗れるタイミングだったのですが、良席が空いていなかったので1本待って正解でした。1本遅らせても着は4分しか変わらないので。

もちろん利用したのはそうにゃんシート。

車内に入ってしまうとこのシート意外に派手なラッピングはありませんで、貫通扉の上にシールが貼ってある程度かな?

座ったシートの斜め前にそうにゃんつり革がありました。

そうそう横浜のヨドバシカメラで買ったのはこちら。

渡り板が欲しかったのでKATOのスポート・変圧柱と古くて簡易的な架線柱として津川のお得架線柱セット、車止めを作るためにGMのプラ製レール、あとは値引きが大きかったので軌陸車を買い足ししました。

実はもう1品ポチっているのですが、まだ入荷しておりませんで、そちらは次回報告します。

そうそう昨日2月16日の朝、電車を待っていたら6:54発のJR線直通電車が大宮行きから新宿行きに変わりました。理由は不明です。この電車に乗っていないので・・・

この6:54発ならギリギリ座れそうな混み具合なのですが、1本あとのJR直通線は相鉄線内各駅停車と言うこともあって大和に着くときには席が埋まってしまっています。

それでは本日はこの辺で。